×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

      
バイクに興味を持ったきっかけ
高校3年の夏。小豆島に遊びに行った。その時知り合った男の子達がバイクで来ていて、初めて乗せてもらってからバイクが気になり始めた様な気がする。乗せてもらったときは 感動した。めっちゃくちゃ楽しかった
大学時代、免許を取ろうと、友達と近くの大学内で練習したりしたが、両親が「それだけは やめて!!!」と懇願され、両親の反対を押し切ってまでは取れなかった。若い美空
だったし・・・(^^);
いつか自分で運転したいな〜と憧れていた。でも機会と時間、勇気がなくて、乗れなかった。


23歳でOLを辞め、プロゴルファーになるぞ!って意気込んで山篭もりをしたが(これも両親大反対だったが、強行して半年〜1年ほど勘当状態になった) 9年して、諦めた。アカンかった。(T-T)  
バーンアウトとまではよう言わんけど、近い状態だった気がする。腑抜け状態。1年ほどしてから、父の会社のお手伝いをするようになり貯金も出来てきた。その時思い出した! バイクの免許取ろう!と、そして程なく、申し込みをすることになる。




まずは中型免許から

H14.3.6
 普通二輪を取りに教習所に通い出す。一番いやだったのがレンタルのヘルメット

とにかく臭い。バイクの待合場所は、若い男の人の匂いって感じ。これには最後まで慣れられなかった。教習所の先生はとても怖く、「どこ行きたいねん!」ってゆうし〜そんなん、バイクに聞いてくれ状態。
パイロンは常になぎ倒し、こけること50回以上
。それでも1ヶ月少しで卒業。
卒検も一発!

このころ、ほしいと思ってたバイクがZZR。取り敢えず、近所のバイク屋さんに。バイク屋なんて無縁だったので、足がすくむ。近所のバイク屋さん(LINK参照:
バイクショップエンゼル)は何もわからない私にとても優しく接してくれた。
私が中古のZZRに乗りたいとゆうと、「最初はネーキッドのほうがいいよ」と。
バリオスが足つきもいいし、
まずは一緒にうちのレンタルバイクで走りに行こうか〜と言ってくれた。
その日、迎えに来てくれる時間になっても音沙汰なしなので、電話すると「ごっめ〜ん、忘れてた」と言われ近くなのでトコトコ歩いていくことに。


公道デビュー

教習所では40キロがマックスだったので初めての、公道40キロオーバーにびっくり!もう〜風が〜

これ以上スピードだされへん〜っヘルメットの中で叫んでた。エンストしたり、散々でしたが、無事に帰れました。
5時くらいまで走ってきてもいいよと言ってくれたので、友達を誘い出し走ることに。
これが恐怖の始まりだった。友達は芦屋に住んでるためいつもの待ち合わせの六甲アイランドに。
摩耶大橋は強風で、グラグラのクラクラ。たどり着いたときはぐったりだった。

三宮周辺は大渋滞でもちろんすり抜けもできずに、車と一緒に大渋滞。何とかこけずに帰れた。。。
この日中に、注文。バリオスのマークが気に入らずにSUZUKIのGSX250FXになった。


大型免許に挑戦!


H14.9.12 あまりに、乗れてないのとバイク屋さんにあった、GSX1100っちゅうのに憧れて、復習の意味を含めて、申し込み

H14.9.14 中免取った教習所には大型がなく、近所の教習所に。ここの先生方はみんな優しくて、怒られるとゆうことがなかった。とてもリラックスさせてくれる方が多く、楽しかった。初めての大型はCB750.めっちゃ重いし、クラッチが入りにくい。10m程押して行けと言われた。汗だく!もう嫌!優しい顔して鬼!
大型はかなり、苦労した。卒検がなかなか受からなかった。補修では急制動で思いっきりロックして、コロコロ〜と転倒!先生が「やめてくれ〜」と思うほどハデにこけた。怖かった〜 ほんで、卒検。ちょっとパイロンに当たっても許してくれない。大型に乗る厳しさを味わったような気がする。教習所では一番転んでたように思う。
4回目の卒検(この間すごくブルーな日が続く)で、フラフラなんとかゴール!
受かって、お母さんに電話したときは泣いてしまった程 苦労した


4級アマチュア無線取得

H16.4
 
方向音痴なので、無線があれば先導さんの声が聞こえるので、講習会で免許を取る。簡単簡単!受けて1ヶ月少々で。無線従事者免許が来た。コールサインは、JO3DPZらしい。。



                 免許所得・教習所のお話
                   はちゃめちゃ物語。ちょっと覗いてみ。